思考や個性が何でできているのか

どの人も、魂だけを取り出せば、さして代わり映えのしないスッピンなんだけど、身体を持った途端、「外部からの刺激を認知する感覚を介し、世界を認識する」+「さまざまな体験から“うまく生きる”パターンを会得し、反応する」という仕組みが生まれ、そこから独特の思考(スタイル)が出来上がる。

多くの人が、それを「私のキャラクター」だの「私の個性」だの「私の人格」だのと呼んでいるが、なんのことはない。複雑な要因がお互いに因果関係をもち、そこから生まれた枠組みでしかない。そんなものに価値を見出し、「自分らしく」なんて言っていること自体、ナンセンスなのだ。

…なんてことを夜中にふと思いついて目が覚めたのでメモ。