池田某の魂の定義について

本日は、池田晶子三昧。池田某の魂の定義についてじっくり取り組み、腑に落ちる点がいくつもあった。ただ、私は「私」を形而上的にではなく形而下的にとらえていて、肉体(脳)にくっつけていたので、そこから切り離すのが難しい。さらに「私がこの自分であって別の人ではないという不思議」については今ひとつ納得できていない。読んだ本は、以下の通り。

 ・残酷人生論

残酷人生論

残酷人生論

 

・魂を考える 

魂を考える

魂を考える