火花(又吉直樹)

父が読みたいというので、Amazonで送った本。今回の帰省の際、父から借りてきたので、読んでみた。

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

なんともいえない読後感。不思議なことに、このお話の中にでてきた登場人物のなかに、共感できる人は一人もいなかった。特に主人公については、彼が何をどんな風に感じているのか、最後までよくわからなかった。私に読解力がないのだろうか。