アガサ・クリスティーの謎解きゲーム

ミステリマニア垂涎の的である「AXNミステリー」チャンネルを契約して以来、ミステリ要素に不足することない、贅沢な毎日を過ごしている。スゴ録の録画キーワードは「アガサ・クリスティ」「ホームズ」「ポアロ」だが、このキーワードにひっかかって録画されていたのがこれ。

www.mystery.co.jp

アガサ・クリスティーの原作を、フランスに舞台を置き換え翻案し、ドラマ化。
ポワロ、マープルといった著名なキャラクターは登場しないが、だからこそ、クリスティー作品の謎解きの面白さ、設定の絶妙さ、人間ドラマの深さが際立った秀作!本作では、ポワロやマープルの代わりに、伊達男のロランス警視と好奇心旺盛な新聞記者のアリスがタッグを組んで、喧嘩しながらも事件を解決していく。

最初は耳慣れないフランス語に抵抗感を感じたが、初回分を見終わって気持ちが変わった。これは思わぬ収穫。シリーズが終わるまで見届けねばなるまい。

内容は、アガサ・クリスティの作品を元に、舞台を現代(ベスパが登場する程度の現代だが)のフランスに変えたもの。初回の「魔術の殺人」は、ミス・マープルが登場する作品だったが、2回目の「忘れらぬ死」はポアロの友人であるレイス大佐が活躍する作品。3回目の「もの言えぬ証人」はポアロと、元ネタの探偵は様々だが、このシリーズではそれをイケメン警視と新聞記者が解決していく。

www.mystery.co.jp

個人的に「ミステリドラマの妙味はキャラにある」と思っているが、このシリーズはそのツボが見事に押さえられている。イケメン警視のドSぶりと新聞記者アリスのドジっ子ぶりもイケているが、それ以上に警視秘書であるマルレーヌのキャラにすっかりハマってしまったのだ。

警視がマルレーヌを初めてみたとき「君は奇跡だ」とつぶやいたが、実にいい得て妙。美人でプロポーション抜群、しかもおバカキャラとくれば、愛さずにはいられない。警視に言われた課題に一所懸命に取り組む素直さも、美味しいコーヒーを淹れる心遣いも、恋に悩んで新聞に相談を送る健気さも、なにもかもが愛おしい。もう謎解きなんてどうだっていいとさえ思ってしまう。

 

追記。

「もの言えぬ証人」を見た。原作を読んだあとで見ると、色々と違いすぎて…ううむ。ちょっとオカルト風味にしたかったのかな? それにしても、やりすぎた感あり。