質問するということ

「質問されたら、その質問の意図を知るために、質問し返す必要がある」

原則学の荻島さんが言っていた言葉。なんとなくわかっていた気になっていたが、今日、その真意が理解できた。考えてみれば、ごく当たり前のことだった。

質問に至るまで、彼(彼女)はなにかしら考えていたことがあるはずだ。それを知らなければ、彼(彼女)が本当に聞きたいことを理解していないのだから、相手が知りたいと思っていることについて正しく返事することができない。

極端な話、彼(彼女)は質問すら間違っていることがある。知りたいことに対して誠実であろうとするならば、彼(彼女)自身がその間違いに気づき、本当に知りたいことは何なのかを自覚する必要がある。その自覚を促した上で、真意を理解して返事しなければ。これが、原則学」でいうところの「質問の技法」なのだろう。