読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虻は障子の穴を見つけられない

悩みというのは往々にして視野を狭めるものである。
知らず知らずのうちに1つの考えに捉われてしまい、存在するはずの解決の糸口がまるで見えなくなってしまうことがよくある。
人から指摘されてはじめて気付くということがあるが、風外が説いたのはまさにそこなのだろう。
答えを説く必要はない。そもそも答えは本人のなかにしかない。本人が考える以外に得ようがない。
風外が説いたのは答えではなく、答えにいたる道筋であったのだ。

【風外本高】紅葉の名所、足助の香嵐渓で暮らした禅僧 - 禅の視点 - life -より

大学時代、仲が良かった四名でLINEグループを作った。昨夜、そのグループのメンバーの1人が、最近悩んでいることについて相談し始めた。残り三人は、彼女の話を聞きながら「こうしてみたら」「こういうのもいいかも」と色々提案し、彼女はその提案のひとつひとつに感謝の気持ちを伝えながら、最後は「頑張ってみる!」となった。

私は、その話の後、なんともいえない気持ちになった。適切なアドバイスはできたのだろうか。余計なことを言ってしまったのではないか、彼女はきっとすぐ行動すると思うけど、本当にそれで良かったのか…。

そこで、はてなブログで見つけた冒頭の文章である。結局、答えは自分の中にしかない。誰が何を言おうと、それを見つけるのは彼女自身だ。ただ、この僧のたとえ話のように、その答えを見つけるための道筋は、人と話すことによって見つけ出すことができるかもしれない。

昨夜の話の中で、「哲学カフェに参加してみては?」と提案する声もあった。確かに、哲学カフェは、いろんな人の見方を学ぶ場になり得る。