情報を選ぶということ

 今、読んでいる本。彼らが口を揃えていうのは「インターネットの情報を信じるな」ということ。これは、この前の「活字デトックス」でも薄々感じていたことだ。

では、どこから情報を取り込めばいいか。「ネットニュース」ではなく「新聞」、しかも一社だけだと情報が偏るから「右と左を両方読め」。「Wikipediaには嘘がある」から、何かを調べるときは「百科事典を開け」。本で知識を得るのであれば、「関連書籍を片っ端から読んでいき、それらの元本を見つけてそれを読め」。本や新聞を読んでよく理解できないのであれば、「基礎知識が欠損しているから、教科書を読み直せ」。ストイックである。

ところで、活字デトックス以来、テレビが苦手になった私は、NHKニュースをPodcastで聞いている。

www.nhk.or.jp

朝食を食べながら聞けるので、なかなか調子がいい。ラジオにはラジオの良さがあるものだ。