読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「一番大事なのはブログ」

朝、目覚めて起き上がる瞬間、頭の中に言葉が降ってきた。

『大切なのは、関係性。人そのもの、モノそのものに意味はない。すべては有機的につながっていて、固定されているものはない。私が動くと、すべてに影響が及ぶ。そのつど、世界が形を変えていく。世界は、そんな風にできている』

そのときは、すぐに納得して「なるほど!」と思ったが、しばらくすると何に納得したのかわからなくなった。寝ぼけていたのだろうか。あるいは、こういうことなのだろうか。

『個々で見るのではなく、全体を見る。井上真花個人に意味はないが、井上真花が果たす役割があり、その役割を果たすことで世界が動く』

であれば、その役割とは何か。それを知るためにも、自分の中にあるものを引き出していかなければ。それを形にして、アーカイブしていかなければ。

先日、ポトフさんが上京した折、そんな話をした。彼は、「一番大事なのは、ブログ。そこに自分のアーカイブを残す」と言っていた。そうか、ブログがあった。何をすればいいかわかっていないなら、まずブログに記録を残していこう。