読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもない、それが俺じゃないか。

天草生活2日目の歩数は1万5千歩。健康的だ。

父は平和に穏やかに暮らしていて、彼の世界は彼の中で完結している。昔と違うのは、「しもた、いかんかった」と自己嫌悪にならないこと。たとえそう思ったとしても、「なんでもない、それが俺じゃないか」と思うようになったそうだ。「俺はきっと、分からないまま死んでいくのだろう。それもよし」と思うそうだ。

私も自分という枠の中、限界を知りながら生きていくしかない。でもそれでいいじゃないか。そのなかで、できるだけのことをやろう。まだまだ挑戦できることはたくさんある。味わい、考えることもたくさんある。そう思うと、「生きる」ことは楽しい。