活字デトックスを一週間試してみた感想

 

 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

この本の4週目のワークとして、1週間の活字断ちが終わった。やったのは、
・新聞、本を読まない
・テレビをみない、ラジオを聞かない
・ネットを見ない(SNS含む)
・メールを見ない
ただし、後者2項目についてはビジネスタイムのみOKで、家族のLINEに関してもOKというルール。SNSは、仕事の関係で2つ投稿したが、その時も他の投稿は見ないようにした。

一週間過ごしてみた感想は、思ったほど辛くなく、一日の時間が長く感じられたということ。ただ、わからないことがあったとき、ググれないのはちょっとしんどかった。そのときは夫に聞き、夫がググるという、「人を介してネットに頼る」という搦め手で解決した(←ダメかも)。

途中、仕事先の担当者とこのことについて話をした。彼は以前、仕事のために「二日間のデジタルデトックス」をしたことがあるそうだ。彼は、そのときのことを「とても幸せだった」と言った。その気持ち、わかる気がする。まるで、子どもの頃のように、周囲にある当たり前のことが面白く感じられたのだ。機会があれば、またやってみたい。