哲学エッセイを、まだ書けていないのだけれど

テーマはだんだん決まってきた。「制御できない自分との付き合い方」だ。そうすると、タイトルは「上手く『私』と手を切る方法」だろうか。

心の声、その声と共にある自分、そこから切り離された自分。この三者が私の中に存在する。私が意のままに生きるには、コントロールできない自分とサヨナラしなければ。それには、どうすればいいか。そんなことが、書けるだろうか。