母の夢を見た

初めて、母の夢を見た。若くてみずみずしい母が、私の隣に座っていた。そのあと、一度しぼんで人形になり、その人形がまた母になり、何度もなんども戻ってきて、最後は男の子になった。「ああ、そっか。生まれ変わるのね」と聞いたら、「うん」と答えた。そのあと、彼女はこういった。「いろんなことが、これから起きるよ。たくさんの人が亡くなるよ。だから強くなろう。森を作ろう」。