サイエンスZERO&ブラタモリ「大阪」

サイエンスZEROでマインドフルネスの話。脳に変化が起きるとか、遺伝子の活動が変化するとか。呼吸法と、身体性に注目するという手法で「今にある」コツを教えていた。そのあと、「こころの時代 アンコール」でお坊さんのお話。それを見ながらウトウト昼寝。

www.nhk.or.jp

 

ブラタモリは大阪。5000年前、枚方市より西は海だったと知って唖然。

ブラタモリ、初の大阪へ! 「太閤はん」こと豊臣秀吉のまち・大阪。やってくる観光客はなんと年間1億人。江戸時代には「天下の台所」とまでいわれた日本を代表する大都会です。しかし、秀吉が大阪城を築いて本格的なまちづくりに乗り出す前は、大阪の街に南北に伸びる高台・上町(うえまち)台地のふもとは広大な湿地帯がひろがる土地でした。そんな大阪が、どうして「日本一の商都」にまで成長することが出来たのか?タモリさんがブラブラ歩きながら、大阪の知られざる秘密をひも解きます。 まず向かったのは、日本一の高さを誇る高層ビル・あべのハルカス。60階の展望台から見下ろすと・・・大阪の地形の秘密が明らかに!? 秀吉のまちづくりの特徴?ビルとビルのあいだで急に町の名前が変わる驚きの理由とは?東西にまっすぐ伸びる道の途中でタモリさんが気付いた謎のカーブ。これが、「日本一の商都」の決め手になったって・・・いったいどういうこと?何と秀吉のつくったインフラがいまだに現役!?その名も「太閤下水」。地下に潜入したタモリさんが発見したものとは?

 

www.nhk.or.jp

 

そのあと、池上彰のニュース番組。アメリカの大統領選挙は仕組みが複雑すぎる。そのあとスニッファー。テレビ三昧で寝るのが遅くなってしまった。