読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三笠宮さまが遺した言葉

サンデーモーニング三笠宮さまは、皇族でありながら歴史の改ざんを指摘したり、売国と呼ばれるような発言をしたりと、非常にユニークな方だったようだ。三笠宮さまの立場からみた戦争体験は、貴重な体験であり、そこから感じたことを言葉に変えてアーカイブすることで、後世に彼の考えそのものを伝えたということに、とても大きな意義がある。この世に生まれ、体験したことそのものは、その人自身より重要だという気がしてならない。