読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の妹に会う

母の形見を渡すため、金沢文庫にある叔母さんの家に行った。母とは、特別仲のいい妹だった。それだけに、母が亡くなったあとの悲しみはとても大きく、とても心配していたが、思ったより元気そうで安心した。

 

昼前に家に着き、すっかりあたりが暗くなるまでずっと、叔母さんと話し続けた。主な話題は母のことだが、それ以外にも色々話した。その話のなかで、これまで知らなかった母のこと、叔母さんのことをたくさん知った。 

f:id:mica:20161102235857j:image

これは、その時見せてもらった大昔の写真。一番左が父で、その隣にいるのが母。このとき、私はお腹の中にいたそうだ。明るく幸せそうな母の笑顔を見て、少しホッとした。