今日、父はゴルフに出かけた

6月に伴侶を失って以来、気落ちしていたこともあって、父はずっと大好きなゴルフに行けなかった。「ゴルフに行けるようになれば大丈夫」というのは、本人を含め、みなが感じていることだった。それで、時々さりげなく「そろそろゴルフにでも行ってきたら?」と声をかけてみたりしていたが、そのたびに彼は「まだそういう気にはなれない」と言っていた。

今朝、父の携帯に電話をかけたら、「ごめん、急にゴルフに行くことになったから」と。朝早く友達から誘いの電話があり、それを受けたのだそうだ。その方のお名前を聞くのを失念したが、本当にありがとう。これで父は、また一歩、日常に近づくことができるはず。