読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最期は「捨てる」という覚悟

昨夜思いついたことをメモ。生きるってことは、捨てるってこと。積み上げた経験も、スキルも、個性も、最後には全部捨てなくちゃいけないから。そのとき、人生はナンセンスだと知る。であれば、常に捨てていけばいい。捨てる、というと投げやりに思えるが、どちらかといえば、手放す。手元に残そうと思わない。その都度、楽しむ。その都度、味わい尽くす。未練を感じないほど、深く。体験を深くすれば、愛を止められないはず。驚きの中に、感動と愛が生まれる。瞬間、瞬間、その驚きと愛に包まれて、潔くそれを手放す。