これからの介護のこと

知人のHさんも、Oさんも、「伴侶をなくした人は、たとえ『大丈夫』といっていてもダメ。一人ぼっちになった途端、すぐに具合が悪くなるから」という。だから、その時どうすればいいかを考えておいたほうがいいと。少しホッとしていただけに、ドキッとしてしまった。

例えば、怪我や病気をして病院に入ったとしても、最近は病院からすぐに出されてしまうため、それからあとは家族が世話をしなければならない。そうなったとき、いったいどういったことができるのか。いよいよ私は、父と同居しなければならないのか。そのとき、東京の家族や仕事はどうすればいいのか。

父は、これから死ぬまで生きる。彼が生きている時間を、まるで時間をやりすごすように処理してはいけないと思う。とはいえ、私が犠牲になればいいというわけではない。きっと、ちょうどいい対処があるはずだ。それを考えておかなければ。