読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅惑のふんパン手縫い教室

ふんパンが気になる…

 ここんとこ、ふんパンが気になってしょうがなかった。「ふんパン」を手に入れたいだけなら既製品を買えばいいのだが、ネットで調べてみると、どうやら自作できるらしい。「下着を自作する」という行為に妙に魅力を感じてしまった私は、さっそくワークショップに参加してみることにした。

 水城さんのNVCコミュニケーションカフェでご一緒した吉房康子さんが、ふんパン手縫い教室を開いていると聞いて、申し込んでみた。そのときの様子は吉房康子さんのブログに書かれているので、興味がある人は下記をご覧いただきたい。

kusanome8.blog.fc2.com

 ブログに貼られていた写真を、ちょっと拝借。夫と二人で参加したら、「初のカップル参加!」と非常に喜ばれた。まあ、あんまりないよね…。

f:id:mica:20160229211942j:plain

 手縫い教室は2時間で終わり、その時間内には完成しなかったが、家に帰って少し続きを縫ってみたら、あっという間に完成! すぐに身につけてみたが、ふんわりやわらかで心地いい。もう従来のパンツには戻れない気がする。

わたし、実は手縫い好き?

 ふんパンを縫っていてわかったことだが、わたしはどうやら手縫いが好きらしい。ふんパンが完成した後も、なにか縫いたくてしょうがない。古いタオルを出してきて雑巾を縫ってみたりもしたが、なんか違う。うまく言えないが、充足感が違う。このままだと欲求不満になってしまいそうなので、近いうちにユザワヤに行ってガーゼ生地を大量に購入してこようと思う。そしてふんパンを量産するのだ!

追記:ふんパンを購入したい人へ。Amazonで「ふんどしパンツ」というキーワードで検索すれば見つかるようです。