「日本語練習帳」 (大野晋)より引用

 生活していく上で間に合うという数でいえば、3000語あれば間にあう。だいたいは生きていられる。これが、いわゆる基本語です。では、3000語知っていればいいか。言語生活がよく営めるには、3000では間に合わない。3万から5万の単語の半分は、実のところは新聞でも1年に1度しか使われない。一生に一度しかお目にかからないかもしれない。しかし、その一生に一度しか出会わないような単語が、ここというときに適切に使えるかどうか。使えて初めて、よい言語生活が営めるのです。そこが大事です。語彙を7万も10万ももっていたって、使用度数1、あるいは一生で一度も使わないかもしれない。だからいらないのではなくて、その一回のための単語を蓄えていること。
 例えば「味」についていえば、「味得する」という単語があります。これは確かに使用度数は少ない。今やもう、ほとんど使わなくなっているけれど、なにかの時に「それが味得できた」と使うことでピタッと決まることがある。「深い、かすかな味わいが分かった」では、文章の調子、文体としてだめなときがある。文章を書くには、一度使った単語や言い回しを二度と繰り返さないという文章上の美意識がある。それに触れる。何か別の言い回しが必要になる。そのとき、その書き手がどれだけ語彙をもっているかが問題になる。類語辞典が役立つのはそういうときです。
 なんでもかんでもむずかしい言葉をたくさん覚える必要があるといっているのではありません。そのときどきに、ピタッと合う、あるいは美しい表現ができるかどうか。 

日本語練習帳 (岩波新書)

日本語練習帳 (岩波新書)

 

  「そのときどきに、ピタッと合う、あるいは美しい表現ができるかどうか」という部分。この「美しい」は、「美麗」という意味ではないと推察する。表現したいことを正確に伝えられるかどうか、そこに(ちょっとした)妥協はないかということを、十分吟味できているか、という意味ではないだろうか。