読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「十角館の殺人」読了

BOOK

 むしろ、「なぜ今まで読んでいなかったのか?」というほど著名な作品。しかも、私の大好物である「大どんでん返し」で話題になった作品に、ようやく着手。すぐに引き込まれ、結末まで本から手が離せなかった。話題の「歴史に残る一行」については、「お見事」の一言。実は、恥ずかしながらこの一行、「ああ、そういうことね」と別の解釈で納得しながら読み進めてしまったことを告白しておこう。言い訳をするならば、そのように解釈できるようなシチュエーションが、前段に出てきていた。とはいえ、ちゃんと注意深く読んでいれば、そうでなかったことは明白で、この誤解は単純に私の読み込みが甘かったことが原因。ともあれ、その誤解に気づいたときは、さーっと全身の血の気が引いた。なるほど、こんな手があったとは!

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)