読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井上円了哲学塾公開講座「国際社会と日本 インテリジェンスを哲学する」(佐藤優)

 井上円了哲学塾の公開講座。本日の講師は、佐藤優氏。

f:id:mica:20160209203818p:plain

 演題は「国際社会と日本―インテリジェンスを哲学する」で「インテリジェンス」「情報」「パラダイム」等をキーワードに講演がなされました。
 まず、「パラダイム」とは物事が成り立っている前提条件・枠組みであり、ある事象には様々なパラダイムが含まれている場合があることを、古典・中世的科学やSTAP細胞問題を通して分かりやすく説明がなされました。
 さらに内容は現在、日本そして世界で起こっている問題―TPP、尖閣諸島南沙諸島埋め立てといった領土問題、さらにスコットランドの独立問題に及び、特に米軍基地の辺野古問題については、沖縄と本土の人のものの考え方の違い、地理という視点が必要なことが述べられ、どのような視点を持てば本質的な理解が得られるのかということが示されました。

 以下、講義内容のメモ。

  • 正しい思考をするために数学的考え方を学ぶべき
  • 放送大学で基礎数学を学べる
  • iTunes Uで学ぶべき
  • 論理の力がつく
  • 言語的な論理 国語力をつける
  • 高校の勉強をするといい
  • 大学のシラバスを読む
  • 基礎力をつける バランスよくやる
  • 自分独自のカリキュラムを作っていく
  • そのあと、型破りになる
  • 型を知らないと破れない
  • ビットエンシュタイン

f:id:mica:20160209203406p:plain

【第1章】 誰が主権者を吊るせるか?http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070717/129954/

【第2章】 となりの死刑囚 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070906/134199/

【第3章】 となりの死刑囚 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070918/135162/