読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓氏意挙

午後の会員向けののクラスでは技撃椿を行いました。稽古を進める上で大切と感じていることを伝えることに集中して進めました。各自で持ち帰り、ゆっくりじっくりと楽しんでもらえればと思います。技撃椿は型で、技撃歩は足。

- 逆式
- 順式(左右)
- 棒抱式 抱式から手のひらを前に出し、手首を少し上げる。
- 托宝式 肩から肘までは安定させ、前腕のみ旋回させ、肘は絞らない。
- 大式 腰を落とし、足を大きく取る。後ろの手が前に来ることにより、抱式のときの豊満な状態が感じられる。

 

f:id:mica:20160209170403j:plain

 韓氏意挙では、「散る」ことと「混ざる」ことを嫌がる。そこに何かある気がする。とくに原則との関係に色々ありそう。