ナルゲンを愛用

 朝、ナルゲンに麦茶ティーパックを入れ、水を入れて持ち歩く。もともと1リットル用のティーパックなので、昼ごろにはかなり味が濃くなる。麦茶の分量も1/2ぐらいになっているので、そこで水を足し、またナルゲンを一杯にする。すると、少し味が薄まって、いい具合になる。そのまま夕方まで過ごして、残った分量を見ながら、さらに水を足す。味はかなり薄まるが、夕食の後に飲むにはちょうどいい濃さだ。これが、私のナルゲンの使い方。

f:id:mica:20160209165846j:plain