読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京国立近代美術館の片岡球子展へ

 昨夜は友だちに我が家に泊まってもらって、今日は大学時代の友だち2名と合流し、東京国立近代美術館で開催されている「片岡球子展」に行くことに。

f:id:mica:20150517113844p:plain

 作風はとても大胆で、しかもどの作品もかなり大きめ。ど迫力である。ともすると、ゲテモノぎりぎりではないかと思われる作品もあった。ただ、初期の作品はとても丁寧で繊細で美しく、まるで別人。

 新潟からきた友だちは、施設にいるお母さんの容態が悪くなったと連絡があり、展示を見たあとすぐに新幹線で帰っていった。二日間一緒にいた私はともかく、ほかの二人はあまり話もできず、残念そうだった。

 残りのメンバーでランチを食べたあと、我が家で夕方までおしゃべり。今だから言えるあんなことを暴露しあい、おおいに笑い、おおいに泣いた。やはり、学生時代の友だちは特別なのだ。