読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまプラーザでカフェ巡り

 今日は、哲学カフェスタッフのMさんと、友だち夫婦Oさんと一緒にカフェ巡り。目的地は、MさんとOさんの住まいに近い「たまプラーザ」。この駅には初めて降りたが、なにもかも新しく、とても立派だった。

 まずはランチをということで、11時30分に「手打そば 風來蕎」へ。私が食べたのは、手打ち蕎麦と蕎麦いなり。とても濃いしっかりした味の蕎麦で、つゆにつけず、塩だけで食べても、十分美味しかった。

f:id:mica:20150425120347j:plain

 そのあと、近くにある國學院を散策。ジモティであるMさんガイドのもと、桜の名所や万葉の道を歩いた。

 13時には、Royal Garden Cafe たまプラーザへ。ここではジンジャーティーを頼んだ。しかし、すぐに雲行きが怪しくなり、雨が振り出した。あいにくテラス席だったため、このままだと濡れてしまうということになり、店を変えることにした。

 ところが、時間帯が悪かったのか、どのカフェも満席。カフェ難民になりそうになりながら歩き続けて、ようやく14時20分頃、モンスーンカフェに到着。アジアンテイストで、とても広い店内だった。ようやく腰を落ち着けて、18時頃までしっかりおしゃべりした。

 主な話題は、哲学のことから病気の話、音楽の話、放送大学の話など。意外にもMさんは音楽に精通していて、放送大学でも音楽に関する授業を受講しているとのこと。音楽は、Oさんの得意分野でもある。場所柄か、ガムラン音楽の話題になり、Oさんの奥様が演奏者であるという話から、五月の演奏会の話へ。OさんとMさんは、これまでも面識はあったが、こうやって腰を据えてお話しをしたのは初めて。思わぬ共通点があり、意気投合した様子だった。

 今年も哲学カフェは神保町で開催するが、それとは別に、小規模人数でこういったスピンアウトカフェ企画もやると面白いかもしれないと思った。また企画してみよう。