コミュニケーション方法を学ぶ講座

 幼馴染のまーと再会発達障害の話の中で、「コミュニケーション方法を覚えるメソッドがある」と聞いた。まーが紹介してくれた講座を備忘録としてメモ。

アサーティブのコミュニケーション研修はアサーティブジャパン

アサーティブ・トレーニングは、1950年代の心理学から始まりました。現在では、責任を伴った主体的な自己主張・自己表現および交渉の方法論として、欧米を中心に広くマネージメントの場面で取り入れられています。日本においても、全国各地の自治体や男女共同参画センター、病院内のスタッフ研修、企業の社員研修など、様々な分野で広く活用されています。

パーソナリティ(性格)は変えられませんが、コミュニケーションの仕方は変えられます。しかしながら、自分のコミュニケーションパターンに気づき、それを変えていくのは容易なことではありません。アサーティブ・トレーニングを使って伝え方の訓練をするのは、そのためなのです。トレーニングの中では、実践的なロールプレイをくり返しながら、自分の要求と感情を適切に表現する方法を身につけていきます。