めまいで緊急搬送

 朝食を料理しているとき、時間の流れがふいにゆっくりになるような、不思議な感覚を覚えた。どうしたんだろうと思っていたら、ふわっと天井が揺れた。驚いてあたりを見回すと、スピーディに回転していた。まるで遊園地のティーカップに乗っているかのようだった。

 驚いて座り込み、夫を呼んでいたら、娘が部屋から出てきた。私の様子が尋常でないと思った娘は、すぐに救急車を呼んだ。救急隊員がきたときも、まだ部屋の中はグルグル回っていた。車いすに乗るように促されるが、とても立ち上がれない。手伝ってもらいながらようやく車いすに乗ってはみたものの、上を向くとすぐに気持ち悪くなり、何度か嘔吐した。

 救急車で運ばれたのは、順天堂病院。声をかけられたり、顔をなでられたり、CTスキャンで検査したりしたが、結局、めまいの原因は分からないまま。めまいと嘔吐はしばらく続いたが、点滴が効いたのか、昼前には気分がよくなって帰宅した。

 よくなったのはよかったが、原因不明なのが気になる。ともあれ、またこんなことにならないように、めまいがしたときの対処法を調べてみた。エプリー法というのが効果がありそうなので、次にめまいがあったら試してみようと思う。


RIGHT - YouTube