読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ボラード病」読了

BOOK

 昨日、吉村萬壱さんの「ボラード病」を読んだ。とてもリアルな、こわいお話。同調圧力は、自身をも滅ぼす。SNSが発達した現在、最も気をつけるべきもの。今日からは、井筒俊彦の「意識と本質」を読みはじめる。

ボラード病

ボラード病

 

 Amazonのレビューに「同調圧力」という言葉があったが、まさに現実ではそれが巷に溢れていて、不自由だなぁといつも思っていたので、このお話が怖いとは思わず、見事に現実をそのまま書かれているなぁと思った。

苫米地さんがよくストコーマという言葉を使うが、その通り、人はみな、見たいものしか見ない。私もきっとそうなんだと思う。だからこそ、この世の舞台裏が見てみたい。そのものを知りたい。