少子化対策の主役は「国」ではなく「親と子」

最近、少子化対策関連のお仕事が多い。今日は、日本総合研究所で『少子化対策の課題〜「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」の総括と今後の展望〜』という勉強会が開催されたので、参加してお話を聞いた。お話をされた池本美香さんという方は、「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」のメンバーでもある。池本さん曰く、「今、政府が進めている、人口減少の恐怖感をあおるようなやり方は、世界的に見ると常識外れです。そこには『当事者が共感できる』子どもや親がハッピーになる』視点が欠けていると思います」とのこと。ちょっと目からウロコだった。

f:id:mica:20140612153800j:plain

このセミナーの内容は日経DUALで記事になっているので、興味のある方はどうぞ。

少子化対策の主役は「国」ではなく「親と子」 | 日経DUAL