「哲学」に対する偏見を思う

「哲学」という言葉ほど、誤解されている言葉はないんじゃないか。怪しい宗教と同一視されたり、暇な人の言葉遊びと言われたり、面倒くさいと煙たがられたり。井上円了さんの時代から、そういう偏見があったらしい。かの人のご苦労が偲ばれる本日であった。