【哲学塾】棋手「羽生善治」の言葉

グループワークのメンバー、辻元氏からの紹介で、『ラジオ版 学問ノススメ 羽生善治』を拝聴。辻元氏が言うとおり、「取捨選択」というテーマにぴったりの内容だった。以下、備忘録。

  • 迷うのは、理解しているから。理解できなければ、迷いもしない。
  • ギアを変えながら考える
  • 結果的にうまくいくのは、勝負の機微
  • 負けは必然性がある
  • 敗因を検証するのは大切
  • 反省しても後悔するな
  • 選択肢が多いと後悔する
  • 選ばなかった過去には、楽観的になりやすい
  • 選べるのはひとつだけ
  • 今は情報が多いから、それだけ悩みが増えている
  • 分割して考える思考法
  • 将棋は因果応報がすぐわかるゲーム