リーエキスポート代表が急逝

我が家のキャンピングカー、「アウトドアジュニア」のビルダーであるリーエキスポートの李さんが、本日、急逝された。享年59才。あまりにも早すぎる。過労が重なり、突然、体が限界を迎えたようだ。それまでに予兆はあったのかもしれないが、「また医者は大げさなことを言うんですよ」なんて笑い飛ばしながら、仕事を続けたのかもしれない…というのは、私の勝手な妄想。しかし、彼の性格を考えると、さもありそうな話だ。

「羊の皮をかぶったオオカミ」。李さんは、よくアウトドアジュニアのことをそう形容していた。見た目は小さくて、おとなしい。でも、実際に乗ってみれば、そのすごさがよくわかる。ギリギリまでカスタムして絶妙なバランスで作り上げた、日本唯一のアウトドアジュニアというキャンピングカーに出会えて、私は本当にラッキーだった。

また、仕事の枠を超えて、我が子のように我々ジュニアのオーナーのことを気にかける李さんという人に出会えたことも、とてもラッキーだったと思う。李さんと最後に話をしたのは、今月13日のこと。坂道でブレーキの効きが悪くなったとき、携帯電話で相談したら、アドバイスのあとに「気をつけて帰って来て下さいね」と一言。最後の最後まで、心配ばかりかけていた。手のかかる子供でごめんなさい。

日経トレンディネットの連載で李さんにご登場願った記事があったので、最後にその記事を添付しておこう。懐かしい李さんの写真もある。

キャンピングカーの達人に聞きました。「ワンセグってどうですか?」

f:id:mica:20131117062417j:plain

李さん、長年お世話になりました。ありがとうございました。

 

関連記事:

リーエキスポート 李社長ご逝去(キャンピングカー紙の編集長)