ライフログをまるごと記録する「Argus」

これはおもしろい! iPhone5sの機能「モーションアクティビティ」を活用したライフログアプリ「Argus」。もしかすると、ライフログアプリの決定版と言ってもいいかもしれない。

まず驚いたのは、このアプリをインストールすると、すぐに過去の歩数まで記録されていく点。ちょっと手品を見ている気分だった。しかしこれは手品でもなんでもなく、これまでiPhoneがモーションアクティビティ機能で記録していた歩数を表示しているのだ。理屈ではそうわかっていても、実際に過去にさかのぼって歩数が表示されている様をみていると不思議な気分になる。

自動で記録されるのは、歩数と天気&気温、その日消費したカロリーだが、ほかにも飲んだ水やコーヒーの分量、食事の写真などが手動で記録できる。連携アプリを使えば、さらに体重や睡眠状態、脈拍なども記録できる。右上の「+」をタップし、検索機能を使って検索すれば、さらにいろいろな項目(たとえばビールやお茶を飲んだ杯数など)が追加可能。つまり、ライフログで記録したいと考える項目がほぼ網羅されているのだ。これはすごい! さらに、デザインも秀逸!

f:id:mica:20131008074113p:plain

私はUP by Jawboneを使って睡眠と歩数を記録しているが、歩数に関しては、ArgusとUPとであまり差はなかった(一日で数歩程度)。リストバンドしなくても記録できる点が、UPよりも優れていると思う。睡眠についても、「SleepTime」という連携アプリは大変優れていて、ちゃんとグラフで睡眠の質まで分析してみせてくれる。UPユーザで、リストバンドにストレスを感じている人は、もうこのアプリに移行してもいいのではないかとさえ思うできばえだ。

ただ私は、非常に個人的な理由でしばらくUPを併用するつもりだ。私はワンコ2頭と一緒に寝ているので、SleepTimeのようにiPhoneで睡眠を計測する方法だと、彼らが夜中に歩いただけで計測されてしまい、正しい睡眠が記録できないからだ。その点、リストバンドタイプだと、自分の睡眠だけが記録される。ただそれだけの理由で、完全移行は断念している。しかし、ワンコと一緒に寝ていない人は、もうこれ一本でいいのではないかと思う。