Jawbone UPことはじめ…まずはサイズのお話。

 長年に渡って「ライフログライフログ」と呪文のように唱え続けた私なのだから、これはやはり避けて通れないでしょうということで、ネットで話題になっていたJawboneの「UP」を購入した。

 実は先週末、秋葉原を回ってみたのだが、どのお店も品切れで「予約受付中」と書いてあった。入荷するまでに数週間かかるとのこと。そこまで待てないのでAmazonで検索してみたら、「24日お届け」とのこと。色はオニキスのみだったが、この色ならフォーマルな場所でも着けられるだろう(今週末、マイカの松田くんの披露宴に出席する予定)ということで、即注文してしまった。すると、その翌日には品物が届いた(つまり22日)。しかし、宅配ボックスに届いていたのを気付かなかったので、実際に手に入れたのはその翌日(つまり23日)。すぐに気付けば、22日からライフログが記録できたのに。一日分損した!…と思ったが、そもそも最初の予定では24日から記録するつもりだったのだから、損してないような気もする。ともあれ、すぐに装着してライフログを記録し始めることにした。

 なお、「UP」のことをまだよく知らないという人は、ライフログの代名詞、ごりゅごさんのブログをご覧いただきたい。

 手首につけてみて最初に感じたのは、「小さくない?」ということ(サイズはS)。一応、あらかじめ手首のサイズを測って注文したのだが、どうも窮屈に感じる。ちなみに、自分の手首周りの太さとUPの適正サイズについてはこちらを見れば確認できるので、購入を検討している人はまず確認してほしい。なんたって24時間装着するものなのだから、適正サイズのものを買わないとつらくてしょうがなくなるからだ。

 小さい気がする…と思いながらもしばらく着けていたが、ちょっとつらくなってきたので、試しに右手に着け直してみたら、着けているのを忘れるほど快適! もしかすると、腕周りを測ったのが右手だったのかもしれない…。それにしても、右手と左手で、こんなに手首周りが違うとは知らなかった。

 ということで、それからずっと右手に着けているが、全く気にならない。これなら24時間着けていても問題なさそうだ。

f:id:mica:20130424163432j:plain

 ところで、ひとつ疑問。UPの正しい付け方は、このコネクタ部分が上にくるのだろうか、それとも下に来るのだろうか。いろいろネットを見ていたが、人によって方向が違う。本当のところは、どちらが正解なんだろう…。