滋賀県近江八幡にある[http://www.kokokujitanbo.com/hach-b-5-1.htm:title=愛楽(あいぎょう)寺]

 滋賀に、高校時代からずっと仲良くしてもらっている友達がいるので、会いに行った。彼女の実家は、近江八幡にある「愛楽寺」というお寺だ。友だち曰く「つまりLove Happy Templeやね」だそうで。

 このお寺、なんと奈良時代からあるらしく、今の住職(つまり友達のお父さん)は44代目にあたるという。44代目! 住職は、さらりと「まあ、1200年ほどです」と言うが、とんでもない年月である。これだけ歴史のあるお寺は、そう多くはないだろう。年代物の秘蔵品をいろいろ見せていただけて、ラッキーだった。どれもこれも、レプリカでなく本物。古寺マニアの相方は、住職のお話に聞き入っていた。

 それにしても、こんな環境下で育った私の友達って。不思議な人だとはずっと思っていたけれど、ここで育ったときけば、さもありなん。住職のお話を聞きながら、ふと振り返ると、こんな風景が広がっていた。まるで、おとぎ話の世界だ。

f:id:mica:20110816154958j:image