読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSが好きなのだ

 きっと、私はiOSが好きなのだ。ずっとiPhoneが好きなのだと思っていたけれど、そうでもないらしい。

 最近は、iPad2がかわいくてしょうがない。iPadは、私にとっては「画面の大きいiPhone」に相違ない。大きな画面でザクザク処理したいことがあればiPadを使い、片手でチマチマっと処理したいことがあればiPhoneを使う。使い分け、と改めて言うほどもないようなおおざっぱな使い分けだ。

 そんな私がiPad2の本を書いたので、ちょっと宣伝。

iPad2 ハイパーナビゲーター」(技術評論社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774147060/sakuramagazin-22/

 W-ZERO3時代から脈々と続いてきた「ハイパーナビゲーター」シリーズ初のオールカラーである! 見本誌を受け取ったとき、感無量だった。

 この本は、私と「秋葉けんた」のほかに、Palmライターとして何度か共著した「いとうあき」さん、Facebookムックでいつも共著している「佐藤新一」さん(別名ポトフさん)という、実力派ライターの皆様と一緒に書かせていただいた。

 いずれも、大変マニアックにiPadを使いこなしていらっしゃる方で、それぞれのiPadライフについては、各章の終わりに「iPadライフ」というコラムで披露しているので、そちらもぜひお楽しみ頂きたい。

 さてさて、この中で私が書いた箇所は、「iPadで仕事の効率をアップする」という章と、「iPadで自己スキルを高める」という章である。自分でいうのもなんだが、このあたりは井上真花の得意分野なので、思う存分、筆をふるわせていただいた。

 中でも、ノリに乗って止まらなくなった箇所は、168Pから24Pに渡ってびっしりと書いた「iPadを使ってGTDを実践する」。GTDとは、デビッド・アレンが提唱したタスク管理の手法の一つだが、掘り下げれば掘り下げるほど面白くて、ついつい夢中になってしまった。そんな私の熱の入れ様は、本書を読めばすぐにバレることだろう。ぜひお手にとってご覧いただきたい。

 それにしても、本当にiOSはよく出来ている。本書を執筆しながら、改めてそう思った。