「原発のウソ」読了

一気に読んだ。

非常にわかりやすい、原発事故解説本。
きちんと整理して、丁寧に解説されている。

これまでネットの情報やテレビのドキュメンタリー番組で
なんとなく見ていたことが、これでちゃんと理解できた気がする。

大変恐ろしい内容ではあるが、
必要以上に怖がらせようという意図が感じられないため、
落ち着いて読めたのもありがたかった。
それだけに、ずっしりと重みもあったけれど。

今日は線量計も買ったし、「原発のウソ」も読んだし、
なんだか原発事故どっぷりな一日だったけれど、
思ったほど気持ちが重くならなかった。

やっぱり、わからないままにしておくのはよくない。
嫌な現実でも、わからないよりはわかったほうがずっといい。