松丸本舗で感じた電子書籍の弱点

 昨日、ぶらりと東京駅のインデアンスパゲティを食べに出かけ、そのついでに本を見ようとあちこち歩いたあげく、東京駅前の丸善にたどり着いた。ここを見つけたのは本当に偶然だが、ここの4階に、かねてから相方が見たがっていた「松丸本舗」を発見。早速、見学することにした。松丸本舗が何なのかを知りたい人は、こちらのリンク先を参照のこと。

 まず感じたのは、「本」という物の存在感。ここには約5万冊の本があるそうだが、5万冊の本に囲まれて感じる存在感、その迫力は凄まじい。たとえばここに、約5万個のレンガがあっても、さほど気圧されることはないだろう。しかし本は、違う。そこにいるだけで、えらく圧倒される。しかも、ドキドキする。

 この感覚はなんだろうとつらつら考えてみるに、おそらく本というものは密度が高いのだろう。それはなんの密度かといえば、たとえば「情報」かもしれないし、「感性」かもしれないし、「刺激」かもしれない。いずれ、どの本にもそういった要素がぎゅっと詰め込まれ、きちんと畳まれて、本棚にしまわれている。棚の中にいる分には非常にコンパクトになっているが、そこから本を取り出していったん広げてしまうと、内にある要素はどこまでも拡散し、伸びていく。きっと本の前にいるだけで、そのことが体で感じられるものだから、圧倒されてしまうのだろう。

 「松丸本舗」の本棚のカテゴリは、どれも非常に大くくりで、目的をもって本を探すには不向きだ。ただし「私はこの辺が好きだから、このあたりを見ていれば、好みの本が見つかるはず」といった方法で本をさがすのであれば、この陳列法は宝探しのようで楽しいかもしれない。私が少し前に探していた「ベルクソン」の本が、この本棚にはたくさん置いてあって驚いたが、そのすぐ脇にハイデガーの本があるのを見て、さらに驚いた。わたしにベルクソンを勧めた高校時代の倫理社会の先生は、大学時代にハイデガーを研究していた人だからだ。

 こうして物理的に近くにおいてあるというだけで、その近さが肌感覚でわかるのは面白い。こういったことを電子書籍で再現しようと思うと、かなり難しいだろう。amazonのリコメンドは確かに近いだろうが、それだとちょっとあからさますぎて味気ない。嘘でも自分で見つけたことに満足したい人間の心理を考えると、やはりこの物理的な距離感が重要なように思う。そう考えると、「松丸本舗」という企画は、電子書籍に対する本屋の逆襲のようだとも思える。まさにこれは、リアル本屋にしかできないことだ。

 写真は、本文には関係ないが、町田の「野の葡萄」という農場レストランで食べたごちそう。その土地でとれた素材を使った美味しい料理が豊富にあり、荻島夫妻と4名でおしゃべりしながら美味しくいただいた。
IMG_0131.jpg