カフェ三昧の一日

 いくつかプライベートな用事があったので、今日は午後休をとって新宿に出かけた。遊ぶ前に、どうしてもひとつ片付けておきたい仕事があり、ササキケンジ氏と待ち合わせをした。どうせどちらも新宿なんだからと、同じ店を指定した。その店が、「但馬屋コーヒー店」であった。この店を決めたのは、私ではなく、そのあとで会う予定の荻島氏。彼はカフェが大好きで、かなりこだわりをもっている。実際、クラシックな雰囲気のとても気持ちのいい店だったが、とにかく場所がわかりにくい。まるで隠れ家のようだ…と荻島氏にいうと、「おもしろかったでしょ」と笑った。なるほど、そういうところにもこだわりがあるのか…。

 ササキ氏との打ち合わせを終えた後、荻島氏と、彼の友達の藤岡氏、それと大阪からきた彼の友人である海部氏の一団に合流した。海部氏は、夕方から渋谷でUstに出演するという。出演前になにか食べておきたいというので、京王百貨店の上にあるカフェに移動した。注文したのは、ワンプレートに、オムレツとサンドイッチ、サラダ、ケーキが少しずつ盛り合わせになっていたもの。いろいろ楽しめるのは嬉しかったが、ボリュームは足りなかった。

 その後、海部氏と藤岡氏がUst会場に向かい、私と荻島氏は、時間潰しに御徒町へ。そこで今度は相方と合流し、ラパンで歓談。ここでは、コーヒーとサンドイッチを食べた。カフェは、本日三軒目。よくもまあ、とも思ったが、考えてみれば学生時代はよくカフェのはしごをした。いつまでも話が尽きず、かといってひとつの店に居続けるのも申し訳ないので、ただ話をするために店を移動していた。今日のイベントも、その頃に近い空気があった。いくら話しても、話足りない気分だった。この年になってもそんな友がいるなんて、本当に贅沢で幸せなことだ。