上がったり、下がったり。

 今日の日記のタイトルは、以前「龍馬伝」で弥太郎が言った言葉。最近の気温も、まさにそんな感じで。冬の寒さかと思いきや、初夏のように暑くなり、またその翌日には雪が降るほどの寒さに舞い戻る。三寒四温どころの話ではない。しかも、寒い日のほうが多い。もうすぐゴールデンウィークだというのに、どうしたことだ。

 そのせいか、2月末にひいた風邪がまだ治らない。医者にいって薬をもらい、しばらく飲んでいると少しよくなってくるのだが、薬をやめてしばらくすると、また咳が止まらなくなる。そんな調子でもう二ヶ月、咳に悩まされている。うわさによると、大人の百日咳がはやっているそうな。百日咳というからには、百日間、咳がでるのだろう。ちょうど今、大体60日ぐらいだから、あと40日の辛抱か。って、それはちょっと長すぎないか。

 さて、明日からゴールデンウィーク。計11日間もお休みをもらったものだから、こんな体で、またもや片道1300キロのロングランに出ようとしている。久しぶりのお出かけに、犬もさぞ喜ぶことだろう。

 写真は、先日秋葉原で行ったHP200LXのミニオフの様子。22才の青年がこの端末に手を出したときき、とてもじっとしていられなくなって、あれこれ世話を焼いてしまった。若い世代がこうして古いマシンに興味をもってくれることが、とてもうれしかった。こうして文化は受け継がれていくのだろう。

IMG_0024.JPG