昔の執筆記事をいくつか掲載

 自分でもびっくりするほど、日記の間隔があいてしまった。ブログというものは、一日さぼってしまうとなかなか復帰できないものだ。一日休み、二日休み…と何日か過ぎていくうちに、おかしなことだが復帰するきっかけを失ってしまうのだ。

 数えてみると、約一週間お休みしていたようだ。復帰のきっかけを作るために、昔わたしが書いた記事をいくつか転載してみようと思いついた。それで、お休みしていた一週間分を埋められるかもしれない。

 というわけで、4/15付けの日記からスタートし、以前わたしが書いた記事をいくつか転載してみようと思う。以下に、そのリンクをつけておくので、もしご興味があればぜひご一読願いたい。ただし、なにぶん昔の記事なので、内容はかなり古い上、間違いがある可能性もある。読み返すと書き直したい箇所もずいぶんあるが、あえてそのまま掲載することにした。それで恥をかいても、それが当時の私の姿なのだから仕方ないとあきらめて。

デジタルだけどアナログのよさを持つ10年選手(CNET「お気に入りガジェットバトン」より)
ソニー、PDA撤退を決定、名機CLIEが辿った「本家なき個性派」の悲劇(BCNランキングより)
常に辞書を携帯する必然性とは (電子辞典コラム)
PDAで辞書を持ち歩く楽しみ (電子辞典コラム)
時代の総意を反映する言葉たち (電子辞典コラム)
PDAと手帳、それぞれの良さを使いこなす(取材された記事 日本能率協会)
私のデジタル手帳はPEG-TH55です。(SONY)
ビジネスに活かすデジタルツール術 第二回 スケジュールを管理していつも確認できるようにしたい!(日本能率協会)