Projetct Palm 2 挑戦

 一世を風靡したPalmというPDAのことを、今どれだけの人が覚えているだろう。Palmをこよなく愛し、その誕生から終末までをじっと見守ってきた男「機長」が10年という月日を費やして書きためたこの類いなきテキストを、このたびマイカから出版できたことについて、私は心から誇りに思っている。

palm.JPG

パソコン並みに高機能化した携帯電話につながる「手のひらの電子端末」の源は、1996年に発売された電子端末「Pilot」にまで遡る。本書は、Palm OSマシンファンのためのエンターテインメントWebマガジン「パーム航空」や、「iPAL Magazine」の運営者である「機長」が、その理想のハンドヘルドコンピューターを追い求めた男たちの物語として書き下ろした作品。出版までに実に10年の月日を費やし、満を持して電子書籍化! この第2巻では、日本におけるPalm OSマシンの運命を追う。Pilotは欧米で一大ブームを巻き起こしたが、その日本語化や普及にはさまざまな困難が待ち構えていた…。

※無料サンプルおよび購入はこちら

Wed, Oct 21


Powered by twtr2src.

Wed, Oct 21


Powered by twtr2src.