読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマン予想

素数の魔力に囚われた人々~リーマン予想天才たちの150年の闘い」
という番組を見た。

数学は、学生の頃から一番苦手な科目なので、
とても私に理解できるとは思わなかったし、
やっぱり理解できなかったけれど、それでもワクワクした。

一見、無秩序にみえものでも、切り方を変えるだけで
いきなり美しい秩序に満ちたものになる。
うん、ミステリーと、とてもよく似ている!

ところで、数字と数字の間隔は、均一なように考えられているけれど
もしかすると不均一なのかもしれないね、なんて話を相方にすると、
「だって、人間が便宜上考えだしたものだしね。
そういう意味では、時間も同じだね」と言った。
うーん、そうか、なるほど。

途中に出て来た「非可換幾何学」の説明がすごくおもしろかったので
少し調べてみようと思ったり。

最後に、この番組を紹介してくださいました
マロエスト荻島さんとChigusaさん、ありがとうございました!