読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知人との別れを悼む

mixi日記

 取引先の社長が、突然やってきた。久しぶりにお会いする彼と差し向かいで腰掛けたら、ただならぬ気配。不況の影響を受けて経営が悪化する会社が増える中、きっと今後の取引の話だろうと予想したが、そうではなかった。

 ここで詳しく書くことでもないと思うので、詳細は割愛して端的に説明するならば、6月に彼の右腕が亡くなった、という報告だった。心不全だったとのこと。私も知っている人だったので、それをきいて一瞬なんのことだかわからなかった。「え、誰がですか」「え、どうしてですか」…子供のような質問を繰り返し、ただただ唖然としてしまった。何度かやり取りした後、ようやく意味を把握し、それからあとはもう涙、涙。

 まだ、そんなお年ではないし、とにかく精力的な方だった。顔立ちはおだやかなのに、言葉は強く、回りをぐいぐいと引っ張っていく方だった。いろいろお仕事させていただいたが、私にとって一番印象的だったのは、ソニーCLIEをやめ、Palmから撤退するという記事を書かせていただいたこと。

 当時、少し早くこのことを知った私は、大変ショックを受けながらも、このニュースをなんとかうまく伝えられる媒体はないかといろいろ頭を巡らせていた。そのとき、「じゃ、うちで書かないか」といってくださったのが、その方だった。すぐに執筆にとりかかったが、内容が内容なだけに、私なりの見方をどう出していけばいいか大変悩んだ。おおかたの意見は、非難だろう。日本最後のPalmメーカーが撤退を決めるということは、つまり日本でPalmが買えなくなるということだ。ユーザーが怒るのは必至だ。ただ、私はそういう記事にはしたくなかった。ソニーソニーで、日本にPalmが根付くよう、とても努力していたからだ。彼らの努力に、ぜひ敬意を表したい。そのためには、どうまとめればいいか。そして、今回の撤退の理由を、どう解釈すればいいか。

 あれこれ、うんうん悩みながら何度も原稿を書いては捨て、書いては捨て。それを繰り返すうち、つい疲れてウトウトし始めたが、その夢の中で考えがまとまった。「そうか! ソニーはもともと亜流だったのに、他のメーカーが撤退して孤軍となり、はからずしも主流になってしまったのだ。それが、すべての原因だったのだ!」。

 飛び起きた私は、すぐにパソコンにむかって原稿を書き出した。明け方、仕上がった原稿を彼にむけてメールすると、「よし!これでいきましょう!」とすぐに返事が返って来た。彼もまた、ずっとスタンバイ状態で原稿を待っていてくれたのだ。出した原稿は、すぐにWebに掲載され、報道された。やがて、ソニーの当時の担当者から、メールが届いた。「記事を読みました。ありがとうございました」。

 今でもあの記事は、ライター井上真花の代表作だと思っている。そして、その記事を書かせてくれた彼、ずっと待っていてくれた彼のことを、今も恩人だと思っている。彼が6月に亡くなっていたこと、その頃不況の波を受け、苦しい戦いを強いられて大変苦労されていたことを聞くと、実にいたたまれない気持ちになる。ずっとご無沙汰ばかりで、ついにお話もできなかった。今さら何を思ったところで、彼に届くはずはない。できることは、ただただ「安らかにお眠りください」と祈ることだけだ。

 追悼の意を表して、最後にその記事をここに転載しておこうと思う。この記事を私に書かせてくれて、本当にありがとうございました、田中さん。心から感謝しています。

ソニーPDA撤退を決定、名機CLIEが辿った「本家なき個性派」の悲劇

 ソニーは、同社が開発するPalm OS搭載PDA「クリエ」について、今後新たな製品の販売を行わないことを決定した。まだ同社からの正式なアナウンスはないが、一部報道ではすでに事実として報じられている。国内唯一のPalmメーカーが撤退することにより、日本のPalmユーザーは事実上国産のPalm端末を手に入れる手段を失ってしまうことになる。PDAの販売ランキング(図)でも常にトップメーカーとして君臨し続けた同社の撤退は、今後のPDA市場に大きな波紋を投げかけそうだ。

 ソニーが初代クリエを発売したのは2000年7月。当時のPalm市場には、本家であるPalm以外にも、Handspring、日本IBMなど、多くのメーカーが参入していた。PDAユーザーは日に日に増大し、市場全体が右肩上がりだったこの時代、PDA市場にビジネスチャンスありと判断したソニーは、後発ながら参入を決めた。

 その後、約5年間にわたって、ソニーは精力的に新製品を市場に投入し続けたが、クリエの活躍とは裏腹に、PDA市場は勢いを失っていった。01年8月にはHandspringが日本市場を撤退し、翌02年2月には日本IBMが撤退した。同年9月には、PalmComputingの日本法人までもが撤退を決めた。いつの間にか、日本のPalmメーカーはソニー1社だけとなってしまった。

 それでもまだ、ソニーは諦めなかった。03年10月末に発売された「PEG-TJ25」は、「手帳代わりに手軽に使えるクリエ」というキャッチフレーズで、それまでのクリエとは一線を画した製品。PDAの基本コンセプトである「PIM管理」にスポットを当てたアプローチと、6色のカラーバリエーション、2万円を切る価格が功を奏し、一気にクリエユーザーの裾野を広げた。

 翌年2月には、その上位機種である「PEG-TH55」を発売。新開発の手帳機能「クリエ オーガナイザー」を搭載し、手書き感覚で使用できるインターフェイスを実現した。「デジタル手帳」というコンセプトが多くのPalmユーザーに受け入れられ、店頭で品切れとなるほどの人気商品となった。その結果、昨年8月にはPDA市場の約70%ものシェアを獲得するまでになった。

 この結果は、同社にとって追い風であると同時に、皮肉な現象でもあった。もともと、多くのメーカーが参入する大きなPDA市場において「特色のある、ソニーらしい製品」を発信するというスタンスが、クリエの商品コンセプトの柱だった。「TJ25」や「TH55」のように、PalmOSのコンセプトである「PIM」に絞り込んだ製品は、本来ソニーではなく本家であるPalmComputing社が発信すべき製品であった。しかし、その本家が存在しない今、日本のPalmユーザーは主流製品をソニーに求めるようになった。その結果、図らずもソニーは市場全体のメインストリームになってしまったというわけである。

 一方、ソニーは同社が得意としているAV機能を生かした製品の開発にも情熱を傾けた。03年2月には、PDAとして初めて200万画素CCDカメラを搭載したクリエ「NZ90」を発売。満を持しての挑戦だったが、予想以上に売り上げは伸びなかった。04年10月には、PDAとして初めてカラー有機ELディスプレイを搭載した「VZ90」を発売。音楽再生や動画再生などをメイン機能とし、ハイエンドユーザーをターゲットとした意欲的な製品だったが、9万8000円という価格が仇となり、これもまた同社の予測を下回る結果となった。

 主流がなければ、アンチ主流の個性も際立たない。「NZ90」や「VZ90」のように先進的な製品を発信しながら、一方では「TJ25」や「TH55」のようにメインストリーム的な製品をも提供しなければならなくなったところに、ソニーの苦悩があったといえる。主流でありながら、アンチ主流でもあるという一人二役を演じながらも、どうにか日本のPDA市場を育てようと工夫を重ねてきたが、昨年12月に出した「ソニーらしい」製品である「VZ90」のシェア推移を見ると、「PDA市場をつくりながら、そのなかでソニーらしい製品を発信していきたい」という同社の願いは適わなかったと判断せざるを得なかったのだろう。

 ソニーらしい製品にこだわった同社は、PDAというカテゴリに対する挑戦をいったん打ち切り、「クリエ」ブランドを手放すと決めた。しかし、「クリエ」ブランドが消滅しても、「情報携帯端末」というカテゴリ自体を諦めたわけではない。小型化という技術については、以前から高く評価されている同社。「クリエ」ブランドや「PDA」という束縛から解き放たれた時、自由な選択肢のなかから、ソニーは次にどんな道を選ぶのだろうか。今後の動きに注目したい。(フリージャーナリスト・井上真花)

====
転載元はこちら↓
真花の雑記帳 Neo (http://www.office-mica.com/mica/