居心地のいい場所


 季節柄なのか、体や心の不調を訴える人が増えているような気がする。そういえば、私もなんとなく具合が悪い。日によって「頭が痛い」「背中が痛い」「体が重い」と、つい家人に愚痴をこぼしてしまう。いわゆる「不定愁訴」に近い状況だ。愚痴をこぼしながらも、自分自身に対して「なんや、しんきくさい」と突っ込みたくなる。

 先日、「たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組で「こういう人が鬱になりやすい」というチェックポイントを紹介していた。ポイントは、以下の8つ。

・人から頼まれるとイヤと言えないタイプだ
・自分の事より常に相手の事を考えて行動する
・社会や職場のルールに従って生きている方が楽だ
・何事も生真面目に徹底的に取り組まないと気がすまない
・熱中しやすく、凝り性だ
・律儀でむしろ融通が利かない方だ
・責任感が強いとよく言われる
・家事や仕事等で無理をしてしまいダウンすることがよくある

 この中に当てはまる項目が6つ以上あれば、うつ病を発症しやすいとのこと。私の場合は、ちょうど6つだった。違っていたのは、「自分の事より常に相手の事を考えて行動する」「社会や職場のルールに従って生きている方が楽だ」の2項目。私はワガママな性格なので、自分のことを優先して行動するし、ルールがあればむしろそれを破りたい。つまり、ワガママな性格であってよかった、ということだ。ちなみに、相方は「1つしかなかった」とのこと。彼は絶対に鬱にならないタイプなのだろう。ちょっとうらやましい。

 さて、上のチェックポイントで6つ○がついてしまったという人に、私からささやかなアドバイスを。自分にとって居心地のいい場所を、どこかに用意しておくといい。家の中のどこか一角でもいいし、お気に入りの喫茶店でもいいし、つい長居してしまう本屋さんでもいい。そういう場所を心の中にひとつ、確保しておけば、たとえその場所になかなかいけなくても、「これが終わったらあそこでのんびりしよう」と思うだけで、少し気分が楽になる。

 私の場合、クローゼットをひとつ確保して、そういうスペースを作っている。そのクローゼットの扉を開けると、お気に入りの本やレコード、小さいときに子供が書いた絵、編み物セットなどがディスプレイされていて、眺めているだけで気持ちが楽になる。つい先日、何日か忙しい日が続き、体も頭も悲鳴をあげて「もう無理だ~!」と叫びそうになったことがあったが、ふと思い出してこの扉を開き、レコードを手にとって針を落としてみたら、すーっと気持ちが楽になった。

 ところでこの写真は、昨年訪れた「西の魔女が死んだ」の舞台になった家のキッチン。残念ながら、今の私の家にこういうキッチンはないけれど、もしこういう場所があれば、間違いなく一番のお気に入りになるだろうと思う。窓から差し込む光、よく使い込まれた道具たち、優しい色合い…すべてが私のツボだ。いつか、こういう場所で暮らせたらいいなというのが、目下の私の夢だ。

-----
真花の雑記帳 Neo (http://www.office-mica.com/mica/