読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「失われた町」(三崎亜記)、読了

BOOK

印象深い登場人物たちと、ストーリー。命に対する慈しみに満ちた、とても美しい小説。時系列はバラバラで、主人公もそれぞれ違うけれど、少しずつ関わりのある短編が集まっていて、全体を読み終わった後、ふたたびプロローグに戻って読み直すと、全体像が見えてくるというような作品だった。人の描き方も、アイデアも、なかなか素晴らしいと思ったけれど、ところどころに複雑な説明が多くてスピードが損なわれるのが難点。

失われた町

失われた町