佐世保港にて

長崎県佐世保市佐世保港にきています。この地に立つのは、ン十年ぶり。小学校にあがる年、わたしは生まれ育った長崎県佐世保市の大島という島から出て、兵庫県に引っ越したのでした。

ン十年前、色とりどりの紙テープを持った6才の私は、大島から佐世保に渡る船に乗り、港で見送る幼稚園のお友達にむかって一所懸命に手を振りました。船が岸から離れ、テープが切れた時、私は生まれて初めて「寂しい」と思い、泣きました。そのときの情景を、今でもまだはっきりと覚えています。

港に立ち、当時に思いを馳せてみたけれど、時間が短かったせいか、あまり実感がなくて。でも車に戻る道すがら、ふと懐かしい気持ちになりました。きっかけが何かはわからないけれど…。
f:id:mica:20070813142902j:image