久々にカスタマイズ

仕事始めから一昨日まで仕事がヘビーだったせいか、週末はすっかりダウン。昨日、今日とダラダラ過ごしています。手なぐさみに、W-ZERO3のカスタマイズしてみたり。そういえば初代vs[es]の戦いは、まだ決着がついていません。一日交替で両方使っていますが、優劣つけるのが難しくて。ほぼ初代の勝利なのですが、サイズ(重さを含め)と音関連で[es]が圧倒的に優勢なため、勝負がつきません。

アプリ起動に割り当てるボタンの数は、[es]のほうが劣勢。なんたってフロント2つに側面1つですから(ちなみに初代はフロント4つに側面2つ)。フロントの左右にネットとメールを割り当てたら、後は側面にある画面回転ボタンのみ。わたしはここに「カメラ」を割り当てているので、これ以上アプリを割り当てることができません。

しかし実は、ほかにも割り当てたいアプリがありまして。他は我慢できても、「WZファイラ」と「ROSE」は、ボタン一発で起動できるようにしたいという希望がありまして。しかし[es]にはもうほかに割り当てられるボタンがありません…。いや、そんなことはない! ありました、ボタン! そう、フロントの左右にある「予定表」「連絡先」ハードボタンです。

とはいえ、デフォルトの状態でこのボタンにアプリを割り当てるのは不可能。そこで、この左右のボタンにアプリを割り当てられるようにするユーティリティソフトを導入してみました。TMEditです。ダウンロードした実行ファイルと「menu.txt」をW-ZERO3に転送し、起動して例の2つのソフトを指定した後、再起動後の画面をみると、見事に2つのアプリが割り当てられていました!

f:id:mica:20070114134622j:image

これで「メール」「ネット」「予定表」「エディタ」はフロントのボタンから一発起動できるようになりました。[es]のデメリットポイントが、これで1つ解消されたかもしれません。さらに愛情が深まってしまったかな? 今日は一日[es]と付き合ってみることにします。