読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病気の時のPDA

だいぶ症状が軽くなってきたが、念のため今日も布団の中で療養生活。しかし、具合がよくなってくるとあまり眠気もなく、暇をもてあますことになる。長時間パソコンの前に座るのはよくないとしても、瞬間的ならいいだろうと、こっそり起きて起動してみる。メールニュースが何本か届いていたので、これをHandStoryに取り込んでPalmに転送。いつもじっくり読めない日記を何本か選び、これもHandstoryでクリップしてPalmに転送。ついでに、最近ファンになった「鬼平犯科帳」をエアビットウエイで何冊か買い、これもPalmに転送。あまたのテキストをPalmに取り込み、意気揚々と布団に戻った。これだけあれば、しばらく退屈しないだろう。

こういう時、PDAは真価を発揮する。そこそこ読みやすい画面だし、本みたいに重くないから、寝ながら片手で持って読んでも疲れない。読んでしまったら、データはサクサク捨てて、パソコンから新しいテキストを拾ってくればいい。幸いなことに、インターネットには一生かかっても読み切れないほどのテキストがある。たとえば、以前気になりながらも時間がなくて読めなかった 「一週間でうまい棒1000本を食べきる男」。内容が内容なので、あまり体調が悪いときに読むとよけいに具合が悪くなりそうだが、今の私なら全然平気。元気いっぱい笑いながら楽しませていただいた。